勧誘

blogやまとめ記事を見て誰かのライブに行ってみたいなんて思ったことがない人間なので、
あまり意味がないと思いつつも今回のライブに限ってはあるのかなと思ったので文章を書いてみました。

ゆかりさんがキンスパで話していたsunny side lilyツアーの代々木公演について絞ってですが、
ライブの内容は歌が大体26曲で3時間〜4時間行います。
歌が1曲5-7分だとすると2時間〜2時間半なので他の時間は映像やらMCやらを曲の合間に行います。
地方公演の場合なので代々木は少し違うかもしれませんが。

bambooさんもblogに書かれている通り、
ゆかりさんのライブはどこかディズニーランド的に楽しむ部分があり
法被・ハチマキや曲のコール・口上を入れたりと世界観に自らどっぷりと浸かりにいきたい人にはとても優しいライブで、
そういった楽しみ方は多分ニコ動とか@sakuramomijiさんの記事http://d.hatena.ne.jp/mizuho_up_date/20141231/1420039534やら沢山あると思うので参考にどうぞ。

既存のファンに媚を売る(満足度を高める)ためには「王国民怖い…」と思われている主要因の曲をたくさん歌うとそれが外から見たゆかり王国のイメージで、
ファンはコール・口上を叫び昔の親衛隊のようなゴッコ遊びで少し興味が沸くと法被やハチマキやグッツを買ってコアなファンアピールが出来る場を用意してあげればよく、
何年か前のライブまではそれを前面に出していたように思います。

暗黙の了解の極致であるコール・口上のある曲数とライブのセトリとの関係は
一つ前のLiMという武道館で14/25。去年のFFCというライブの武道館で13/25(SSAで14/25)。
2年前のCCHのSSAで13/26。3年前のFiLの横浜アリーナで13/25。

少し異論のある曲数かもしれ無いけれど、
おおよそ4割-5割が跳んだり叫んだりと元気に楽しくディズニーランドにノリノリで入園していました。

今回のツアーではそんな所謂”跳び曲”は26曲中10〜11曲で多くて4割程度。
知らないとついていけない感じになる一体感のある曲は5,6曲。
これはつまりJAZZだったりバラードだったりアコースティックコーナーだったりと、自由に曲に合わせて体を揺らしたり曲に聴き入ったりする時間がいつもより長くってあなたがニコ動や友達のライブBDを見て感じて持った常時一体感を楽しむための鉄の掟に縛られたファンの為のライブと感じ方が違うんではないかと思われる。

例年より2,3曲減った程度で何が変わるんだよw
と僕も数字で見て思ったけれどでもやっぱりライブ全体の雰囲気もあってかなりゆかり王国の世界観が変化しています。

今までのライブのセットリストだとどういう経緯か知ら無いがコールを暗記してきたり、
フリコピの練習をした一体感を楽しむのに前向きな新規の人もドヤ顏でノれるようにと有名な跳び曲を入れていたと思える部分があったけれど、今回のツアーに限って言えばそれはむしろ既存のファン向けで、あなたは無理に一体感を楽しむ必要はないかもしれない。
(お値段分楽しんだ方がお得だと思われるので余裕のある方は予習をぜひ!)

法被もハチマキもリウムも持たずに参加しても何か言う人なんて居ないし、
コールも口上も分からなくても嫌がらせする人も居ないし、
(いる可能性はどんな集団にもキチガイがいるその確率で0%ではないかもしれない)
何しろ2006年のパシフィコで開催したライブでゆかりさんがダブアンで当時一番有名だったと思われるLittle Wishをみんなと一緒に歌おうとして客席にマイクを向けてくれたのに3割(天空席からの体感)
ぐらいしか歌えてない、少なくとも9年前からそんな程度の緩い現場なのです。

だからキンスパで興味が沸いたら見に行ってみてください。
多分その興味からくる期待感の通りのライブが見れるはずです。

Share Button

勧誘」への2件のフィードバック

  1. ライブすごく楽しそうですね!
    このブログを読んで決心がついたので参加してみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。