あの夏で待ってる感謝祭感想

あまり感想を書いてあるブログを見かけなかったので、ド直球なタイトルにしてみました。
自分は午後のみ参加で14列の後方ブロック。
のうりんイベントもブービー列で最近あまり接近出来ないのが少し悲しい…

場所は六本木ラフォーレミュージアム。
natumachi2
natumachi1
入場前に見える東京タワーが文字通りの大都会を感じさせる会場…
身分証の確認ありと言われてましたが、見せればいいだけのザル確認ですんなり入れました。

開演するとステージに信長君が登場し、その後1人ずつ名前を呼ばれて登場。
一通り挨拶が終わると本編シーンの振り返りトークコーナーからスタート。
信長君(司会)が詳細にシーン解説を話しつつ、他の声優さんに話を振る感じのスタイルで進行。

ゆかりさんはあすみんと日高さんと舞台の端でこそこそ楽しそうに話しつつ、美桜のストーカーネタで盛り上がっていました。
他のハーレムアニメのご多分に漏れず、男の子キャラを”酷い”、”自分勝手”と女性陣が罵倒し名シーンを振り返ってゆくスタイル。

トークコーナーの後はクイズコーナーに移行して賞金(叙々苑1万円分の商品券)目指して勝負。
最初のクイズはゆかりさんが得意のギリギリセーフでセイレンケッパクな手法でポイントをゲット。
その後「あー…なんとなく覚えてる…」というノリであっさりトップで賞金をゲットしてました。
こういう時のゆかりさんの記憶力は以前他のアニメイベで見た気がするのですが、何のイベントだったか思い出せない…
(問題自体は答えられそうなのからさっぱり分からないのまであり全体的に難しめ。)
コーナーの締めで信長君に札束ペチペチしてたのですが、僕も1万払うんでやって欲しいな…羨ましい。

次は舞台のセットが変わって生アフレコ(オリジナルシナリオ)コーナーへ。
高校卒業後にそれぞれ色んな進路を歩いていますが、今でも仲良くネトゲで繋がってますよと。
ある日のネトゲ(スカイプ平行起動してやるMMORPGな雰囲気)でのお話。
最初ゆかりさんが舞台に出てこないんでちょっと心配してたんですが後半出てきて安心…
やりたい放題のキャラをゆかりさんが演じてたので、幅広く声質を変えた声を聞けて個人的には大満足でした。

最後はライブコーナー。
お昼は座ったままだったみたいですが、午後の部は信長君が気を利かせてくれてみんなで立って鑑賞。
Rayさんとやなぎなぎさんが2曲づつ歌って、最後は出演者全員が舞台に上がり一言ずつ感想を話して終了。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください